【拳士の輪】浦安スポーツ少年団 松田一能拳士

「拳士の輪」と題して、千葉県内の拳士をリレー形式で紹介していこうという企画の第13弾、市川若宮道院の村本拳士からのバトンを受け、浦安スポーツ少年団の松田拳士をご紹介いたします。

 


〇名前や所属


氏名 松田 一能(マツダ カズヨシ)

741期生

所属 浦安スポーツ少年団

武階 四段

法階 正拳士

僧階 少導師(スミマセン!権中導師レポート早く出します!)

 

 

 


〇指名してくれた人との関係

初めて村本さんにお目にかかったのはいつだったか・・新春法会で道院に伺った際、遠慮もなしに飲み食いしていたときでしょうか・・。その後支部合宿や、時には仕事で近くに来たので、と修練に来てくださいました。また是非おいでください!

いつもニコやかなのに、剛法も柔法もキレ味鋭く、目標にしている先輩です。

今度、マイケルシェンカーについて熱く語りましょう。

 

 

 

 


〇趣味・特技

16歳からエレキベースを弾きたれています。バンドを2つ掛け持ちしています。たまに人前でも演奏しています。

 

タイ語の会話と読み書きができます。17歳の1年間、タイ南部のソンクラー県にホームステイしていました。あれから35年。そろそろ忘れ始めているので、また勉強しなおしたいです。まだバンコクの正式名称を暗唱できます。

 

 

 

戌年生まれのせいか、一度通った道は覚えているようです。酔っぱらって終電を逃した時は特に気が大きくなるのか、10kmくらいは平気で歩いて帰ってきます。

 


〇うちの支部のイチオシ!

 

平成19(2007)年設立の支部で、今年設立15周年です。

親子で学ばれる方が多く、私もそのクチです。

 

部活動のため、土曜日午前中の修練には来られない中学生拳士も、月曜日夕方の修練には来て修練しています。

子供たちを教えているつもりが、いろいろ気づかされることが多いです。

四段合格記念に支部の子供たちからもらった寄せ書き入り絵皿は、私の宝物です。

 

 

 


〇少林寺拳法のココが好き!

どんな人でも学ぶことができることです。

 

子供が先に入門したものの、腰痛持ちの40過ぎの男が武道を始められるものなのか、私自身は入門をためらっていました。そんな折、支部の合宿に来られていた梅坪道院の車田先生に「腰痛持ちなら腰痛持ちなりの少林寺拳法があります」と言われ、え、そんな武道があるの?と背中を押されて入門し、今に至ります。

 

亡くなられた上田清先生が、自分は片腕がないが少林寺拳法はできるか、と入門される際に開祖に尋ねられたそうです。開祖は、少林寺拳法は両腕がなくてもできる。強い弱いなんて問題じゃない、と言われたそうです。

 

教範をわかりやすく解説した読本、階段を一段づつ上がってゆくように考え抜かれた科目表など、学べば学ぶほど、よくできているなァ、と思います。

 

 

 


◯次の指名者とその人について

柏道院の上原拳士を指名いたします。

千葉武専で一緒に学んだ縁で、結婚披露宴に招待していただきました。

 

 

ただいま子育て奮闘中でお忙しいと思いますが、苦労話を肴にゼヒ一献おねがいします。

 




いいね!>> いいね! 6人