【拳士の輪】(第2回)千葉清見台道院 清水 一志

千葉県の少林寺拳法をもっとみんなに知って欲しい!

 

千葉県の少林寺拳法をもっとみんなに知って欲しい!
そのためにはまず「こんな人達がいるよ!」というのを伝えたい!

『拳士の輪』と題して、リレー形式でいろんな拳士をご紹介していこうという企画の第二段!

松戸上本郷道院 植竹先生からのバトンを受け、千葉清見台道院 清水(千葉県教区 広報委員)が投稿させていただきます!

因みに「黙っていると怖い」といった周囲の印象は素直に受け止めるとして、「外で威圧的になっているのではないか?」という妻からの疑惑だけは否定します。怖い顔しながら、「楽しいことないかなぁ」と考えています。


◯名前や所属

千葉清見台道院 道院長(二代目)
清水 一志
五段
大拳士
中導師

 


◯趣味・特技

基本的に身体を動かすことが好きです。

近所の山の中を駆け回り、木に登り、自然のアスレチックで遊んでいた野生的な少年時代を過ごしました。中学生になって、ジャッキー・チェンに影響されて体を鍛えることに目覚め、その後は野球、剣道、サッカー、テニス、スキー、ゴルフと色々なスポーツをやってきました。

勝ち負けに拘らずに仲間と共に楽しみたいタイプで、現在も続いているのは、時々楽しむ職場の仲間とのテニスと体力維持的な筋トレぐらいです。

 

和洋問わず、甘いものも好き

食べることが好き。
妻や娘のカフェ巡りのお供として、時々食べ歩きます。家族サービスは大事です。

スイーツ系男子でもありますね。

 


◯うちの道院のイチオシ!

道院としては来年で40周年を迎える歴史ある道院です。

一方、私自身は道院長としては新米で、ようやく1年が経ち、正認証となったばかりです。

大先輩の副道院長を始めとする幹部拳士の協力を得ながら、和気藹々と笑顔多めで修行に励んでいます。

女性拳士が多いです。また最近では、武専に入ったばかりの高校生拳士が少年部の指導陣に加わり(成長が嬉しい)、明るく楽しく活動しています。

ディスカッションタイム(若者にはフィーリングカップルが伝わらなかった)

 


◯少林寺拳法のココが好き!

取り組み方は人それぞれで、十人十色の少林寺拳法の楽しみ方があると思います。

それぞれに一生懸命に取り組まれていて、その姿を見るのが好きで、応援したくなります。

遅めの38歳で出会った少林寺拳法、自分の変化(成長)を実感でき(進行形)、そして、人の成長を自分事として喜べる人達が繋がっている。そんなところが好きです。

それぞれのステージで頑張っているOBOGが顔を出してくれました


◯次の指名者とその人について

次回は、同じく千葉県教区 広報委員である
 千葉匝瑳道院 本田 貴敬拳士にバトンタッチ。

初めてお会いしたのは、武専の基本の時間で相対したのが最初だったと記憶しています。その時の印象は、「若い人が武専に入った。見た目は少しヤンチャ?礼儀正しく、合掌礼の時の笑顔が良いなぁ」です。この様に今でも覚えているくらいなので、余程印象が良かったのだと思います。勿論、今もです。

 

以上、「拳士の輪」第二回、清水の投稿でした。

結手




いいね!>> いいね! 11人